11.3 sat. Psyka、2年ぶりのマジックショー「密会 -Tryst-」駒込 La Grotteにて

Sanuki Udon 2014 day1

うどんである。讃岐である。香川である。

初めて高松に行き、山越で釜玉をたべてからはや11年とか。いやいや、時間が経つのは早すぎる。その間に行った回数11回。毎年行ってるのかな?と思いきや、1年行かなかった時と、1年に2回行ってる時があったり。

これまでに行っているお店は、一人で行っているお店がある関係上、相方さんとは数字が異なるんだけど、ユニーク数で49軒、延べ93軒。いやいや結構な数になってんなー。今回は2日間で新店5店舗で計7軒にいったので、ユニーク50、のべ100を達成。わーい。

というわけで、ちょっと前にも書いたけど今回お伺いしたお店の内容を記録しておくことに。

1軒目 大釜うどん
食べたもの 釜揚げうどん(小)

冷静に考えると、うどんを食いに行くというのは一食なわけだから、一杯のボリュームがあるのは当然のことで、俺らみたいに物見遊山なうどん喰いが「量おおいなー」というのは至極間違いというか、そっちを対象に作る事の方がある意味では間違ってるんだろうなー的な

にしても、小のインパクトがハンパなかった。けど、毎回お腹がいっぱいの状態で食べていた釜上げをお腹が空いている状態で食べてみたかったという点において、満足のいっぱいだった。これは上手い。クオリティとしては長田やはりやのほうが優れているのかもしれないけど、比較するにはお腹の状態が違いすぎる。だしも個人的にはちょうどよい感じ。来訪される方は大食いでも小をおすすめしておきます。ちなみに他のメニューたのんでも小は同じボリュームくさい

2軒目 夢う(むう)
食べたもの かけ(小) いわし天 ちくわ天

以前からリストにいれては日の出との関係上、どうしてもお伺いできなかったお店。今回は勇気ある日の出を外すことによって、ついにお伺いとあいなった。

最近は「天婦羅がいい」「だしがいい」「めんがうまい」などのスマッシュヒットが多い中で、久しぶりに完成度の高いうどんを食べた気がする。全てにおいて満足がいく内容。ちょっと待つだけであげたてを出してくれるのだが、いわし天が身がホクホクでヤバい。かけだしに着けたときに魚の脂がだしに溶け込んで、このだしも上手い。麺もモチモチしてて上手い。うーん、これは再訪の可能性が高い、高すぎる。

3軒目 かみ家製麺所
食べたもの かけ(小) とり天

今回の来訪で俺がベストに選んだお店。写真にアップされているものですが、これはやばい。鶏がでかすぎる。胸肉を伸ばしてあるものの器には余裕で入りません。しかも120円って。うどんが190円なので、310円でこのボリューム、満足感、やばすぎます。

鶏がかなりジューシーに仕上がっているので、そのまま食べてみましたが味はそこまでしっかりとついていないのですが、これをかけだしに浸して食べると一気に味が変化します。いりこだしの塩気と鶏肉の油が絶妙。俺には大ヒットしました。再訪余裕です。他の天婦羅もサイズがハンパなかったので、これも挑戦したいなー

というわけで、一日目はここまで。3軒しかいかない初日は初めてかも。夜はピコピコ精肉店で焼肉。これも素晴らしかった。あー、文章書いてたらもう行きたくなってる俺がいます。jetstarが成田ー高松を就航してるんだよなー、調べたら平日だったら往復10000円しないんだよなー

day2に続きます。