11.3 sat. Psyka、2年ぶりのマジックショー「密会 -Tryst-」駒込 La Grotteにて

Truth of Bari’s prices

今回もあまり旅行記を書くつもりはないんだけど、2014年秋の時点で、これからウブドに行くかもしれないであろう人たちの為にわかる範囲で物価的情報を書いておくのもいいかと思ったので記載。わからないものは分からないと書くけどね。

ホテル

よくわかんないw。今回で2度めになるウブドも前回と同じViceroyというホテルに宿泊。このホテル、高級リゾートなのでまったくもってホテル相場と離れてしまっているらしい。まあ、全部の部屋にプールついてるし、そもそも20ちょっとしかコテージがないんだから、贅沢だよね。ウブドにかぎらずだけどホテルはピンキリなので、少し長めに滞在するときは半分は安いところで半分は良い所に泊まるなんてのもいいのかも。

マッサージ・スパ

マッサージやスパは非常に値段帯が幅広い。ホテルに併設されているスパだと高いものは日本と同じ金額で日本の1.5倍から2倍くらいの長さみたいなイメージ。1万円を余裕で超えてくるけど3時間とかザラにある。

一方でいわゆる街の中にあるスパは劇的に安い。日本人にも有名な「サン・スパ」は1時間半のマッサージ、足マッサで220000ルピー(日本円で2000円ちょい)と日本でマッサージ受けてると安く感じる。相方さんが受けたフェイシャル1時間と上記のセットでも4000円切るくらい。

これが安いと思いきや、バリニーズマッサージ(オイルつけて全身ゴリ押し)なんかは1時間で60000ルピアなんてのもある。基本的に中心部になるモンキーフォレスト通りなんかでも値段が振り幅があるけど、探すと面白いかも。イメージとしては基本的なマッサージ1時間100000ルピア以下がよくある価格帯。ちなみにオイルマッサージは安い店だとシャワーもないので、終わったあと帰りはオイリーなままですw

食べ物

前回は食べ物安いなーという印象が強かったけど、今回は行っている店が観光客向けなせいもあるので、そこまで安いという印象は受けない(それでもリーズナブルだけど)なので、インドネシアはご飯が安いというのは、場所によって異なると思ったほうがいいかも。いわゆる現地の人が行くような店はかなりリーズナブルではあるが、中心エリアでちょっとコジャレたところはそこまででもない、と。

アパレル

意外かもしれないけど、ウブドはアパレル関連はあまり安くない。前回来た時はヘタしたら日本で同じクオリティの生地を手に入れるなら、日本のほうが安いかもって思うレベル。まあ、安いシャツはかなり安いけどね。

ちゃんとした生地で探すと160000ルピアくらいから。ま、安いかw