11.3 sat. Psyka、2年ぶりのマジックショー「密会 -Tryst-」駒込 La Grotteにて

[5/365] 香川饂飩放浪記(1日目)

毎年恒例の香川県訪問の旅、公式訪問では16回目ということで(公式とは)今回は、相方さん&義理の弟というレギュラーメンバーに加え1名で開催。相方さんはシカゴに行く前が最後なので2014年以来4年ぶりとのこと

で、せっかく香川にいくので、ポーカー界隈の交流もとろうかなと考え香川ポーカーを盛り上げようと活動しているKPC(香川ポーカー倶楽部)のAやおに連絡を取り、予定よりも1日はやく行き呑むことに。これに東京からkろださんも行くということになったので、2人で金曜日から香川に入った。

11時台後半という、大変用途が不明な飛行機なせいか、機内は大変すいている状態ですっかり熟睡。寝起きにコーヒーをもらって香川入り。レンタカーを借りるころには2時も近くなり、わりとうどん的には選択が狭い状態になっていたものの、まずは松岡へ向かう。

松岡は麺切れになっていて閉店。つづいてはゆか

はゆかはセルフ系のお店、過去の旅行でも何度か訪問リストに名前を載せていたのだが諸事情で来訪が実現できていなかったお店。まずは寒かったこともあり、かけとおあげをいただく。いわゆる王道的なさぬきうどん。そこまで太くなくエッジもないが、日々の生活において大変オーソドックスで飽きのこない麺である。おあげ地味に上手い、好き。がもうよりも気持ち甘めか。

さすがに時間もないので、今日は2軒とあきらめ、おか泉

おか泉は個人的に「讃岐うどんの完成形の一つ」と思っている冷や天おろしの店。香川に行く人が「讃岐うどん食べたいんですけど、オススメありますか?と言われ、1軒しか行く時間がないと言われたら、必ずここをオススメするほど。
今回は、ここが1日目ラストだったので、思い切って冷や天おろしにくわえカレーうどんもオーダー。おか泉も初めてきたときは太く存在感の強い麺だったけど、時代にあわせて変化し、割りと食べやすい中太になった気が。しかし、注文してから揚げる海老の美味さよ。カレーうどんは思っていたよりも出汁が前にでているカレーだった。

で、高松市内に移動してホテルへチェックイン。約束まで時間があったので休憩&散策

夜は片原町の天馬で会食。香川ポーカー倶楽部のMりあとAやおと4人で1時間半ほど。この2人は話題に事欠かないおもろいコンビなのであっという間に時間が過ぎてく。ご飯もAやおが悩んで選んだだけあって美味い。職人さんの仕事も丁寧だし、食材の目利きに自信ありとみた。お作りもバリエーション豊かですばらしー。個人的にささったのは、前菜で出たおせちの田作りが、人生で初めて田作りをちゃんと美味しいと思ったこと。これ、再訪あるなー

その後は、アミューズメントバーBull’s

以前岡山でBBBを運営していたTがまんが店長をやっているお店、10年来の知人ということと毎年香川にきている以上、1回は顔をださなければということで訪問し、ポーカートーナメントに参加。こちらはまったくハンドが入らなかったので手の施しようもなく終了。で、1時半位まで喋ってホテルへ

明日は相方さんと義理の弟くんが来るので本格的な饂飩巡りと相成る。