11.3 sat. Psyka、2年ぶりのマジックショー「密会 -Tryst-」駒込 La Grotteにて

もう禅問答しない。

しかたがないから気にしないようにしてるんだけど、不安になる書き込みや発言する人につい余計なレスをしてしまう。twitterに限ったことじゃないんだけど文字数が制限されてると真意をはぶいてレスしちゃうからダメだ。やめようと何度か書いてるのにまたやってしまう。

俺がついつい反応してしまうのは下記内容

  • 原発をなんで海沿いに作ったの?危険すぎる
  • なんでちゃんと想定してなかったの?これは人災だ
  • 原発は早く全部とめるべきだ!日本原発禁止

といったもの。気持は凄く理解できてるんだけど、概ねヒステリックな物言いが多くて、ついつい返信してしまう。

言うまでもないけど、自分は専門家じゃないし、東電の中の人ではないが、現時点では東電の200%味方。命をかけて対応している東電の皆様には言葉にならないほど感謝してる。あって当たり前の電気という意識は当然あったし、こうしてトラブルが起きることで矢面に立たせるのも申し訳ないと思いつつ、まかせるしかない。と。

この問題が一段落した時に、それまでの対応方法などに問題があって、それによって非難する可能性はあるけれども、この未曽有のトラブルを乗り越えたという実績だけは心にとどめるようにしておきた。もちろん乗り越えたあとの話ね。乗り越えられなくても努力は最大限に理解しようと思っている。きっと世の中は責任者探しに躍起になるだろうけど、そんな雑音には耳を傾けないように。

というわけで、以下についついレスって起きた内容を順序だてて、ざっくり解説。ほんとうにざっくり。間違った知識もあるかも。一応、自分の時間が許す限り調べて考えた知識で構成してます。つっこみ歓迎。

■なんで原発を海沿いにつくってんの?危ないじゃん

発電所は発電に必要なエネルギーの近くに作るのが普通。水力発電が川にあり、風力発電が風のある場所にあるように。火力と原子力は海の近くにあるのはエネルギー源ではなくて、エネルギーを発生させる機構を冷却するために大量の冷却水が必要で、その為に海水を使用するのが、もっとも枯渇しない水資源なためです。川の水は雨が降らないと減るから安定しないみたい。

他にも理由がありますが、ちょっと後回し

■じゃあ、東京の分は東京で原発つくれよ

これも反論で良くもらいました。個人的には自分の地域の電力は自分の地域でまかなえという意見はアリだと思っていますが、東京という日本の首都機能を抱えているところに、今回のような事故が発生したら、東京はもとより日本全体が壊滅的なダメージを受けるのでは?とも思い、用意に賛成できなそうです。だからといって他の地域を犠牲にしていいのか?と言われるとぐうの音も出ないんですが。この手の話は、実際に東京に原発をつくって、ここで事故が起きたら「なんで東京に作った」とか言われそうな気もします。上げ足か。。。

もう一つの理由として、地震大国日本では地震による地盤の変動が大きいのである程度地盤的に安定している場所でないと頻繁な地震が怖いというのもあります。埋立地だらけの東京で海沿いに原発作って地震きたら、津波以前に大変な事になってしまうわけです。これが原発の建設場所がある程度制限される理由のひとつ。福島原発も地震の頻度や津波などを勘案しても地盤的に安心できる裏付けがあったんじゃないかと思います。この辺はまだ勉強不足

■津波のことくらい想定しておけよ

これが今回色々話してる時に相手に伝わらない事が多かった。

海岸線に建設されることが多い原子力発電は起きうる災害事象として、地震を第一に、津波に関しても多少の対策は施されていました。特に地震と津波がセットのエリアでは過去の地震をベースにシミュレーションしていたのは当然だと思います。

今回の問題は、想定外の規格の津波がやってきたこと。(実際には他にも問題があるんだけど、それはちょっと割愛)、簡単にいえばM8.4くらいまでの地震は想定してたらM9.0がやってきた。そうしたら想像もしないような問題が起きた。という話。

たぶん近い将来この辺の記事を引用する人もいるだろうけど、これは今回の事故よりもちょっと目測が甘めで、地震発生による引き波のときに海水取得できなくなるから危ない!ていうのが基本。今回は津波がでかすぎてトラブルおきまくったという話。まあ、予備電源はもうちょっと考えておいたほうが良かったと思うけど、そんな問題点探すのは生命の危険がクリアになってから、専門家同士でじっくりやってほしい。

で、想定においてはある程度現実的にやっていたけど、それを上まわった。これに対して「想定が甘い」という発言は、けっきょくどこまで想定しても、それを上回らない保障なんてどこにもないわけで、起きなければ発覚しないわけで無駄な議論だと思う。もちろん想定が明らかに低い設定だったら問題だけど、日本は関東大震災、阪神大震災を経験して地震に関しては非常にシビアな安全基準だったと思う。

この質問の落ちは「じゃあ貴方はどこまで想定すればいいと思っているんですか?」と聞いたら「M20くらいあればいい」と返されて、この人が知識なく言っているだけではないかと思い興ざめした。現在の僕らの見ているマグニチュードの判定で地球上でおきる最大の数値はM10.0まで。ちなみにM14.5くらいで、小惑星が地球に衝突したときの振動らしい。それに耐えられる原発って、無敵じゃね?

■原発は全部終了しろ!

どういう結果でアレ日本の電力供給方法に何かしらの討論が発生するのは間違いないけど、それでも日本から原子力発電がなくなることはちょっと想定しにくい。日本は原子力なしではちょっと厳しいのが現状だからだ。

水力は不安定だし、風力は電力が足りないし騒音問題がけっこう洒落にならない。火力は安定してるけど、CO2出しまくり。日本の電力は何かひとつにまとめる必要はないけれど、ある程度バランスをとって作られてはいるようです。本当は火力はもっと減らしたいみたい。資源を使いまくるだけに将来的には非常に厳しい発電のようだ。
原子力発電はもっと本格的に進めるためには民間会社にまかせっきりではなく何かしらの国との連動を考えた方がいいかもしれない。

もちろん、次世代エネルギーも急ピッチで進めるべきだとは思うが、現時点で有効な方法はまだ確立されてないんだからしょうがないじゃん。たぶん、この原発反対の人は、全部の原発を停止して、火力発電を全部動かしてCO2排出しまくり、恒久的な計画停電とコスト増による「電気代明日から10倍」ですとか言われたら、やっぱりギャアギャア言うんだと思う。

ちなみに昨夜の静岡での震度6強の地震でも浜岡原発は運転に影響なし。日本の原発は可能な範囲で地震には全力で対応している事は知っておいてほしい。

予断だけど、日本国民を今いちばん安心させているかもしれない男、枝野官房長官。ここ数日で一気に顔がやばい事になってたんだけど、昨夜未明ようやく1回家に帰ったらしい。もう、官邸につめているようだけど、多少顔に生気がもどってて安心した。