11.3 sat. Psyka、2年ぶりのマジックショー「密会 -Tryst-」駒込 La Grotteにて

久しぶりの韓国 1日目(似非旅行記)

詳細な旅行の内容はいづれ相方さんが書く旅行記をご参照ください。相方さんの旅行記の所在が不明な方はご愁傷様ですが、このざっくりな日記でご勘弁を。

午前6時台の飛行機ということもあり、海外なので空港には2時間前に来い!的な関係上「空港には4時半に来てね(はぁと」と日程表に書かれている憂鬱な初日。普段なら寝始める時間でもありつつ作業も終らなかったので4時ちょい前まで作業してそのままタクシーへ。今回の韓国行きは羽田から仁川へ。2時間半くらいであっという間に韓国へ到着。沖縄といい勝負。

今回は旅行会社のパッケージで行った関係上、午前中はツアー日程を消化。ホテルもノウォンという明洞から30分くらいのとこで動きも遅くなり、実際の活動開始は12時半頃にロッテホテル前からスタート。

今回の旅行は主たる目的はご飯(いつもやないかい)、あとはウォーカーヒルでポーカーを。だったがDAY1Bが昼スタートなのに昼過ぎでホテルにもいないので、すでに2個目の目的は頓挫気味に。「時間合えば御昼でも」と声をかけていた相手に電話したら、もうそんな約束は頭の隅っこにもないみたい。ちょっと悲しかったけど、多忙だったし話半分だったんだろう。

で、そんなことはどうでも良くて俺は美味しいご飯を安く食べたい!という事で以下、飯ばなしのみ(笑)

初日(昼)-サムゲタン(蔘鷄湯、삼계탕)
サムゲタンは鶏一羽に、もち米とか漢方的なものをつっこんで石鍋で煮込んだまま鍋ごと客前にだす食べ物。きっと韓国では朝~昼に選択される食べ物だと思われる。(前に午前中に食べに行ったら予想より混んでた、けど1人鳥1羽がベースですよ!)価格もお安いのでおススメです。

そんなサムゲタン。明洞(ミョンドン)では百済サムゲタンというお店に行っていたんですが、今回はガイドのイさんがおススメしてくれた栄養センター(明洞店)へ、1960年創業の老舗サムゲタン屋さんでチェーン展開しているそうな。お店も明るいオシャレ気味な雰囲気なので初めての韓国でも気後れすることなく入れます。
ちなみに栄養センターのある路地はサムゲタン屋が並んでいるので間違えないように。ま、間違えたとしても、その店も明洞サムゲタンという有名なお店なので問題ないです(笑)

栄養センターはサムゲタンと鳥のオーブン焼きが有名だそうです。すでにサムゲタンモードだったのでオーブン焼きは頼まなかったのですが、ちょっと後悔しています。次回行ったら食べよう。ちなみに明洞店はサムゲタンが3種類でしたが、狎鴎亭店(アックジョン)では緑茶サムゲタンとかあるらしいよ。

ま、サムゲタンは余裕で美味しかったです。基本的に味付けがほとんどないので、自分で塩ふるといいよ!

初日(夕)-ポッサム(보쌈
ウォーカーヒル経由で夕刻向かったのは、ポッサム屋。ちなみにWHは明洞のSKタワー(SKTelecomビル)との間で1時間に1本くらいのペースで無料送迎バスを出してるので、けっこう便利です。お昼寝してるとWHに行けるし、逆もまたしかり。超おススメですよ。ま、明洞と言ってますが場所は乙支路入口駅近くです。新宿的説明をするなら歌舞伎町ですって言ったけど職安通り側的な。

で、ポッサムというのは茹でたor蒸した豚肉を薄切りにし、茹でた白菜やサンチュ、ゴマの葉などで包んで食べる。味噌、アミの塩辛などで味をつけ、キムチ、ニンニク、唐辛子なども包んでまとめて食らう。韓国的焼き肉の食べ方を茹で豚でやる感じで、ここんとこ日本でもヘルシーな韓国料理ということで、韓国を日本ではやらせたい人達が頑張って日本女性にプッシュしてるけど、そんなに広がってないので有名な料理です。でも、超美味しいよ。今回行ったのは「ウォンハルモニポッサム」簡単にいうと「ウォンおばさんのポッサム」というお店。

ポッサムは日本で食べると何故かとても高いお店が多い。三元豚のポッサム!とか、なんとか豚のポッサム!とか頑張って値段を上げようとしてるんだけど、韓国だと元々は韓定食の前菜の一品だったりしたのと豚肉ということもあり、けっこう安い。今回も2人で本来は3~4人分くらいのオーダーをして49000w(代替4000円弱)だった。あ、1人じゃなくて2人分ね。

ちなみにこのお店は韓国ポッサム業界でもかなり有名なチェーン店。けっこういろんな処に店舗を構えている(韓国全体では300店舗!)んだけど、顔をロゴマークにしてるところとか、日本だったら何だろうと考えたら、これじゃね?って思った(だが、これってそもそも東京ローカルなの?という疑問は残ってる)

今回はポッサムとチェンバンクッスという冷麺を食べて満喫。ポッサムは美味いなー、もっと評価されていいと思うんだけど、日本だと本当に高いのがネックだなあ。今度自分で作ってふるまってみるか、と思ったら「白菜の塩加減が家でやれる?」と言われたんだけど、調べてみたら塩茹でのみだった。他の入れるものの塩が強いみたいで白菜は控えめ(場合によっては塩なし)みたい。

以上、初日のご飯コーナーでした。