11.3 sat. Psyka、2年ぶりのマジックショー「密会 -Tryst-」駒込 La Grotteにて

ふわっとしてる日々/ツボ女優[日本編]

与えられた状況の関係上しょうがないんだけど、現在ふわっとした毎日を過ごしております。忙しいけど、忙しくないみたいな。

こっちのプロジェクトの進行が、たった1つの要因でストップしていて、それが解決しないと何も先に進まないという状態。けっこういかんともしがたいので我慢してるんだけど、これが解消されると雪崩のようにすべての事案が動き出すだけに、下手に別件をいれるわけにもいかないので、どうしようもない。しかし、このままだと干上がってしまうよんよよよん。

と愚痴ったところで動くわけでもなし、ひたすら祈るのみ。

それにしても外注が動かないのう。なめられてるなー俺。どうしようかしら、まあそのような状況になる原因は分かっているし除外できないのだけれど、こちらとしては暇だっていう話もあったので振った仕事なので、関係を理由に適当コカれるなら別に発注しなおそうかな、別に俺こまんないし。とか言うと「薄情者」とか言われるんだろうなあ、ああ、面倒。全体的に止まっている今のうちに対応しておかないと、後で凄い面倒なことになりそう。

今年はマジ年なので2月から3月にかけてと6月後半を予定していますが、皮算用的には8月と11月も。という話を相方さんにしたら「皮算用だわねぇ」と言われました。正確には机上の空論かもしれません。そもそも2月の予定がまだ立たないような状況だし。

昨日の日記で海外ドラマの女優さんをやったので、今度は日本の女優さんも。ただ、残念なことに見ている数が少ないのが難点。

深津絵里@半神(舞台・NODAMAP)
もうね、ここは外せないところですよ。昔からファンですが、野田秀樹の芝居で見てからファン度が加速しているような気がします。踊る~の映画版で青島がアパートに犯人をおいつめて、犯人のお母さんに刺されてパトカーで病院に搬送されるときに青島を抱えている時の演技が好きだ。

上野樹里@のだめカンタービレ
すっかりのだめ好きになっていたんですが、一番最初がコミックスだったか、CXで偶然見たドラマ版の再放送なのかは忘れてしまいました。たぶんドラマが先じゃないかと。のだめの演技か演出がびっくりするほどマンガ的手法で、どのくらい再現されているのだろうとコミックスを手にとって、そのままのだめの世界にどっぷりだった気が。
上野樹里の演技は、のだめを超えたのだめだと思うのですが、その後なんどか彼女の演技を見ていますが、あれは演技というよりも地に近いんじゃね?と思わせるところが多いのがちょっと笑えます。

広末涼子@バブルへGO!!
日本男子なら広末とか上戸彩が好きなのはしょうがないと思いますw、広末はデビュー当時から好きですが私の好きな顔の形成要素とは大きく異なっていたり。広末のかわいさが頂点なのは、個人的にバブルへGO!!のときで27歳とは思えない若さというかあどけなさというか、なんていうか、もう、かわいいのう。
作品にはそんなに恵まれているタイプではないけど、こうやって業界に残っているのは、やはり天性の力があるんだとシミジミと思います。

ま、有名どころばかりですが、しょうがないツボなんだもの。