11.3 sat. Psyka、2年ぶりのマジックショー「密会 -Tryst-」駒込 La Grotteにて

warewolf

hの友人、「人狼やりたい」ということだったので急遽開催することになった「麻布人狼村」は、まさかの友人が都合が悪くなるという本末転倒的展開だったんだけど、最終的に8人が集まって開催することに、h、yくん、sさん、t5、Rやさん、Rすけ、やP。

人狼(色んな種類、製品名があるが総称、詳しくはwikipediaで)は、ゲームの一種類で、カードやボードゲームという類いよりは、コミュニケーションを主軸としたパーティゲームの一種。ルールと設定をざっくりかいつまむと

プレイヤーはそれぞれが村人と村人に化けた人狼となり、自分自身の正体がばれないように他のプレイヤーと交渉して正体を探る。ゲームは半日単位で進行し、昼には全プレイヤーの投票により決まった人狼容疑者の処刑が、夜には人狼による村人の捕食が行われる。全ての人狼を処刑することが出来れば村人チームの勝ち、人狼と同じ数まで村人を減らすことが出来れば人狼チームの勝ちとなる。

で、役割は毎ゲームランダムに設定されると。

通常はこれをカードを使って役割を設定し、それを元に進行していくんだけど、ちょっと調べてみたらiphoneのアプリにもこのカード部分をまるまる処理してくれるものがあったので、利用してみる事に「人狼ゲーム 牢獄の悪夢」というもの。

カードを利用した物と異なる部分があるものの、全員が参加できるということで少人数でやる分には重宝した。

そして、ゲームのほうはとても面白かった!今回は初めての参加ということと、寝不足がたたって何もできなかったけどねw。試行錯誤することも多かったり、やりこむと役割も見えてくるし、できることが増えるということが分かった。機会があったら、また村たててみよう。

 

2 Comments

ryo

この狼の絵、とても良いですね!
ご自身で描いているのですか?
もしこの絵を購入できるサイトなどあれば教えて欲しいです。

Psyka

この絵はグーグルで画像検索するとソースが見つかると思います。

現在コメントは受け付けておりません。